リフォームの失敗例・トラブル事例

失敗・トラブルから学ぶリフォーム入門

もう失敗しない、トラブルも起こらない、幸せリフォームを!

リフォームを依頼する時、最初に気をつけたいのが業者選びと契約を結ぶ際の確認事項です。 計画を立てるところから、着工、工事が終わった後まで、一貫して関わってくるこの二つの事項。 リフォームの失敗や業者とのトラブルを回避するためにも、確認しておきたいところです。

最初の壁、契約

今の生活をもっとよくしたい、将来に向けてバリアフリーにしたい、など、誰もが快適な生活を求めてリフォームを行います。
なんの問題もなく工事ができるのが一番いいですよね。

ところが、なかなか一筋縄ではいかないもののようです。
訪問販売の事業者に手軽に依頼してみたら連絡が取れなくなってしまった、工事が始まらない、などの事業者選びからの失敗。
業者はいいところだけれど、食い違いから工事が止まってしまった確認不足の失敗。

依頼通りの家はできたけれど、実際に生活してみたら不便なところがたくさん出てきてしまった構造の失敗。
他にも、騒音問題駐車問題などから、ご近所との軋轢が生まれてしまい、トラブルに発展するケース、留守の間に空き巣に入られてしまうなどのトラブルがあります。

これではせっかくのリフォームが台無しになってしまうかもしれません。
でも専門知識や経験もなしに、最初から全てのリスクを避けて通るのは難しいことです。
知識や経験を持たない依頼者は圧倒的に不利な状況に置かれています。

だからこそ、失敗やトラブルに学ぶことが、成功へとつながります。学ぶことで、対策やポイントが見えてきます。
リフォームで起こる失敗やトラブルの事例をもとに、どうすれば快適なリフォームができるかを考えていきましょう。
ここでは、事業者選びや契約に伴うトラブル、間取りに関するトラブル、知らないところで発生する近所トラブルと鍵トラブルを事例にあげて説明しています。

是非ともこのサイトをきっかけにして、幸せで快適な家作りについてご自身でも考え、調べてみてください。

その後も生活は続いていくから

工事が終われば前より快適な生活が待っている、とは限りません。 実際に生活してみることで初めて不便や危険が増えていることに気づくかもしれません。 それらに気づかずにリフォームを終わらせてしまったら、喜びも半減してしまいます。 ここでは間取りの計画でどんなことに気をつければいいのか、事例をもとに考えます。

留守中に起こるトラブルとは

契約も間取りも完璧!でも、それだけじゃ不十分です。 リフォームをしている間、知らないところでトラブルが起こるかもしれません。 リフォーム後の素敵な生活のためにも、工事の間に起こる失敗は、できる限り対策をしておきましょう。 工事の間の近所への対応、留守の家の管理など、考えるべきことはたくさんあります。